HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> 口元の美しさ矯正歯科でも歯並びに始まると考える・

口元の美しさ矯正歯科でも歯並びに始まると考える・

img20

 

いわゆる歯の歯並びの変化好ましくないような

患者さんの歯並びいわゆるでこぼこ、がたがたを

しっかりと良い位置に動かします。

 

それは、見た目だけをキレイに治すのではなく、

上下の歯がきちんとキレイに噛み合ってさらには、

機能するように皆さんの歯をキレイに動かして行きます。

 

とても好ましくない歯とは喜多見の矯正歯科でも

叢生いわゆる八重歯、乱ぐい歯や、上顎前突(出っ歯)で

あるとかんがえているのです。

 

それらは、互いの歯が重なり合って、

でこぼこして、さらには食べ物が停滞しやすく、

見た目にもとても良くありません。

 

その場合でも同じです。

 

では、上の前歯が下の前歯に比べて、

とても前に出ているような状態をいうのですが、

良く噛めないばかりか、食事も難しく、

さらには自分自身の顔の中で口元がとても

とがったような印象を与えているのです。

 

それだとせっかくの笑顔も台無しになってしまうのです。


矯正歯科ニュース~インプラントの歯医者へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。