HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> レントゲンで成城 インプラントの位置を把握し治療・

レントゲンで成城 インプラントの位置を把握し治療・

img06

 

今までもこれからも、インプラント患者さんを苦しみから

しっかりと解放する低侵襲の即時インプラントを、

まず骨とか歯茎に問題が余りない場合ではしっかりと行なえます。

 

例えば下顎の大臼歯部が突然なくなってインプラントする

場合とかあるのでです。

 

患者さんの歯茎に一本の切込みをぐっと入れて、

歯茎をしっかりと剥して、アゴの骨を完全に表に裸出させます。

 

そして、成城 インプラントでも扱っているのですが、

インプラントを埋めるのに、アゴの骨の形やさらには

ボリュームを見る為に骨をしっかりと露出させるのです。

 

それから、ずれを防ぐためにも、マーキングと言って

骨に植立するような位置を決めるための、アゴの凹みを

骨の上にしっかりと付けます。

 

そこから、さらには骨を削り始めて、そして、さらに

細いドリルで所定のアゴの深さまで進め、

成城 インプラントでは、その時点で小さなしっかりとした

レントゲン写真を撮影して、場所の確認を行い、

その位置で間違いがないのをしっかりと確認します。


矯正歯科ニュース~インプラントの歯医者へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。